契約の方法によって異なる東京のレンタルオフィス

レンタルオフィス 東京

起業する際に少しでも初期費用を抑えるために、レンタルオフィスを利用する人が増えています。レンタルオフィスとは、机や椅子、電子機器といった業務に必要なものが揃っていて、すぐに業務が開始できる状態の貸事務所のことで、通常より低いコストで契約できるのがメリットとなっています。今や東京にも数多くのレンタルオフィスが存在していますが、通常のオフィスを借りる時と同じように賃貸契約となるケースとそうではない利用契約の場合とがあります。契約のタイプに合わせていろいろな制限があり、オプションサービスが利用できるといった点も、単なる部屋の賃貸とは異なる特徴といえるでしょう。提供されるサービスもレンタル会社によって大きく変わってくるので、事前に内容をきちんと確認することが大切です。

レンタルオフィスの様々なワーキングスペース

レンタルオフィスが提供しているワーキングスペースには、デスク単位で利用できる共有タイプ、一般の貸事務所のような完全個室のプライベートタイプ、その中間であるパーテーションなどで仕切りを付けたブースタイプなどがあり、利用する人数や目的に合わせて利用することができます。また契約期間に関しては「時間貸し」や「月極」といった比較的短い契約期間での利用が可能です。簡易的に事務所を構えたいという人にもおすすめですし、事業の規模が拡大して広いスペースに引っ越したい場合、同じビル内での引っ越しで済むかもしれません。そして多くのレンタルオフィスは立地条件がよく、東京のビジネス街の中心にありながら、駅から近い好立地に事務所を構えることができます。オフィスの場所が有名なオフィスビルの中にあるということで、企業のイメージがアップしたり、信頼度が増したりする場合もあるので、場所選びも重要なポイントになります

各社で異なるオプションサービスの内容

レンタルオフィスを選ぶ際、どのようなオプションサービスが使えるのか必ず確認しましょう。会議室や打ち合わせスペースが使える場合には、そこで使えるIT機器の設備などもチェックします。例えば、TV会議の設備があれば、東京にいながら世界中の人と対面で打ち合わせや商談ができます。また、便利なオプションのひとつに受付や電話応対サービスがあります。少ない人数の会社などでは、そのために人材を確保するのが難しい場合もありますので、コスト削減にもつながります。ほかにも、秘書サービスにおいては語学が堪能なスタッフを配置しているレンタル会社もありますので、海外取引があるような会社では重宝することでしょう。ただこうしたオプションサービスは利用頻度により追加料金が発生したり、回数に制限があったりする場合があるので、費用が大きくなりすぎないようにコスト管理が必要です。