ネットで比較して東京にあるレンタルオフィスを探す方法を解説

レンタルオフィス 東京

「レンタルオフィス」と呼ばれる提供サービスをご存知でしょうか。平たく言えば、デスクワークや業務に必要になるものを取りそろえたオフィスを、比較的安い値段で提供する事業になります。テーブルやイスはもちろんのこと、情報機器(パソコン、プリンターなど)、スペース、電話・ネット環境、会議室も備えられており、中には会社登記として住所の使用も許可している会社もあります。特に東京の都内でメジャーなのは「期間貸し」と呼ばれるもので、一か月単位での契約をおもに、入居する形でオフィスを借りる契約です。この期間貸しは都内でも100か所以上で採用されている契約方法です。他には時間貸し、住居も兼ねたサービスマンションなど幅広くあります。ネットを使ってレンタルオフィスの契約内容を調べ、条件を比べたりすることもできますので、いくつか押さえておきたいポイントを紹介します。

レンタルオフィスの好条件と確認したいポイント

契約する前に確認したいポイントといえば、オフィスにあらかじめ備えられている設備・備品のチェックです。そこでどのような業務をこなすか、どういったビジネスを起こすのかにもよりますが、ネット回線や電話回線が整っているか、必要な周辺機器はそろっているか、別室はあるのか、来客対応は可能か、といった点は必ず確認したいポイントです。基本的に備え付けられている電子機器や備品は交換することができないので、後になって余計な費用がかからないように調べておきましょう。また、東京でのレンタルオフィスを探す場合、立地条件にも注目します。都心の中でも好条件、一等地であることが多いので、オフィス同士をよく比べて考えることも大切です。そしてレンタルオフィスは、電気代や水道代、エアコン代などの一定費用が基本料金に含まれているところも多いので、快適な空間でビジネスに集中することもできます。そのため、費用チェックは欠かせません。

レンタルオフィスで気を付けるべきポイントやデメリット

前述した費用について、基本料金以外のオプションにかかる料金に注意しましょう。いわば課金制と言われる制度で、例えば個室やロッカーにかかる費用が従量制だったり、備え付けのプリンターを使用する際に別途料金がかかったりします。この辺りを把握せず使い切ってしまうと、かなりの高額に上ることもありますので、従量についてはしっかり把握しておきましょう。オフィスの立地もふまえ、東京の交通アクセスを利用することも考慮し、かかる交通費を計算しておくと安心です。自宅からオフィスまでが遠ければ遠いほど交通費もかかりますし、一般的な勤務と同じで、時間配分にも気を配る必要があります。あらかじめ決まっている固定費の他にもさまざまな要素で料金に繋がっていくことは大いにあるので、施設、備品、立地を確認したら、より快適な時間に集中できるようにタイムスケジュールを組み、ゆとりの持てるレンタルオフィスを厳選していきたいところです。